旅宿 よぶこからのお知らせ

2018-04-01

イベント肥前さが幕末維新博覧会開幕!!

ZOOM IN

〝その時、佐賀は世界を見ていた。
 そして今、佐賀は未来を見ている。〟

ー 平成30年は明治維新から150年 ー

幕末維新期に国内最先端の科学技術を有し、
鎖国から開国へと向かう
大きな流れの中で、明治維新の
“鍵”を握っていた佐賀。
その類まれなる技術力「技」、
教育改革が生み出した多くの偉人「人」、
そしてこれらの根底に流れる「志」。

「肥前さが幕末維新博覧会」は、
こうした幕末維新期の佐賀を
映像で体感するとともに、
佐賀の歴史、食、文化、アートを
存分に楽しんでいただく博覧会です。

2018-04-01

お知らせ♪さくら~さくら~♪のお花見旅行は平日限定『とく旅』をどうぞ!!

ZOOM IN

春が来る~ッ!!
旅宿よぶこの近くにもサクラがいっ~ぱい!!

旅宿よぶこ近くの歩道の桜並木を
お部屋や最上階の大浴場から眺めるも良し。
夕食のあと夜桜を見学に散歩されるも良し。

翌日、名護屋城跡を散策しながらの
お花見もオススメです。
肥前名護屋城は豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、
大坂城に次ぐ規模で築いた城で、
城跡の随所に桜約400本が咲き、
石垣や石段とマッチしていて趣があります。
名護屋城跡まではお車で10分ぐらいです。

お花見旅行はどうぞ呼子へ!!

みなさまのお越しをお待ち申し上げます。



2018-04-01

お知らせ法光寺の桜~太閤お手植え桜~

ZOOM IN

唐津市鎮西町の名護屋城の北部にある法光寺。
この法光寺はもともとは名護屋城大手門の
南側にあったが朝鮮出兵の際に秀吉が
城の北側の現在地に移転させたものです。
そのとき秀吉はおわびとして、
家臣の曽呂利新左衛門に庭園をつくらせ、
伊達政宗に命じ陸前塩釜(現在の宮城県塩釜市)より
桜の木を持参させ 自ら桜を植えたと伝えられています。それでこの桜は「塩釜桜」とも「太閤お手植え桜」とも言われています。
この桜は通常の桜より半月ばかり遅れて4月15日頃に見頃となる八重桜です。

いかしゅうまい

甘夏ジュレー

日帰りプラン

ご法要承ります

最寄り駅、最寄りバス停から送迎いたします

当館への交通アクセス

facebook

Instagram


PAGE TOP