旅宿 よぶこからのお知らせ

2018-06-01

イベント肥前さが幕末維新博覧会開幕!!

ZOOM IN

〝その時、佐賀は世界を見ていた。
 そして今、佐賀は未来を見ている。〟

ー 平成30年は明治維新から150年 ー

幕末維新期に国内最先端の科学技術を有し、
鎖国から開国へと向かう
大きな流れの中で、明治維新の
“鍵”を握っていた佐賀。
その類まれなる技術力「技」、
教育改革が生み出した多くの偉人「人」、
そしてこれらの根底に流れる「志」。

「肥前さが幕末維新博覧会」は、
こうした幕末維新期の佐賀を
映像で体感するとともに、
佐賀の歴史、食、文化、アートを
存分に楽しんでいただく博覧会です。

2018-06-01

お知らせ第30回 日本の滝百選 見帰りの滝「あじさいまつり」

ZOOM IN

唐津市相知[おうち]町 にある見帰りの滝は、
日本の滝百選にも選ばれた名瀑。
期間中は、滝の周辺に色とりどりのあじさいが咲き、
滝を美しく引き立てます。
25年ほど前、見帰りの滝の周りにわずか
数株植えられたあじさいも
現在では4万株を数えるまでになり、
約5万人が集まるイベントとなってます。


■ イベント日程
・あじさい俳句募集 6/9(土)~7/1(日)
・あじさいフォトコンテスト 6/9(土)~7/1(日)
・JR九州ウォーキング 6/16(土)8:30~
・伊岐佐和太鼓 鼓響 6/16(土)11:00~

■見帰りの滝ライトアップ
毎日 19:20~22:00(期間中)

2018-06-01

お知らせ勇壮・壮大!! “海を渡る山笠” 小友祇園祭

ZOOM IN

小友祇園祭は佐賀県唐津市呼子町小友に伝わる“海を渡る山笠”で有名なお祭りです。

はじまりは1658年(万治元年)、この当時村で大流行したコレラの疫病除けや悪疫退散を祈願して笠竹に御幣を付けて村内を御祓いして廻ったことが神事の始まりだと伝えられています。

現在では、旧暦6月14日・15日の大潮の日が祇園祭と定められており、約一週間かけて高さ15メートル 重さ3トンの山笠を村の青年達が主体となり村総出で造り上げます。

今年は7月27日(金)、28日(土)の2日間

当日は干潮になる前に合わせてお祓いをし、四本のイナイ棒と呼ばれる大棒を前後約50名で担ぎ上げ、鐘と太鼓の素朴なお囃子に乗り、「あ~さっさぁ、あ~さっさぁ」の掛け声で村内を練り歩きます。


いかしゅうまい

甘夏ジュレー

日帰りプラン

ご法要承ります

最寄り駅、最寄りバス停から送迎いたします

当館への交通アクセス

facebook

Instagram


PAGE TOP